ここから本文です

つり革も「小道具」に 走る電車で最新水着ファッションショー 京急

乗りものニュース 7/31(日) 11:25配信

通勤電車が「ランウェイ」に

 2016年7月31日(日)、走る電車の車内で最新水着のファッションショーを開催するという、珍しいイベントが実施されました。京急電鉄が、品川駅から三浦海岸駅(神奈川県三浦市)まで運行した「KEIKYU MERMAID TRAIN(京急マーメイドトレイン)」です。

【動画】水着モデルたちが車内をウォーキング

 京急電鉄によると近年、その沿線にある三浦海岸海水浴場の来場者が減少しており、多くの人に海で遊ぶ楽しさを知ってほしいということから、ファッション水着で国内シェアトップの「三愛水着楽園」とコラボ。この「京急マーメイドトレイン」を運行したといいます。

 使用された車両は新1000形という、窓と並行な「ロングシート」が並ぶ通勤形の電車です。その、普段は通勤通学客たちが立っている通路が「ランウェイ」になり、「2016年三愛水着楽園イメージガール」の松元絵里花さんをはじめとする6人のモデルが“モデルウォーク”を披露。およそ20着の水着が順次登場し、20歳以上の女性限定で募集された乗客たちからは、「かわいいー!」といった声があがっていました。

 この「走る電車のなかで水着のファッションショー」という珍しいイベントについて、「2016年三愛水着楽園イメージガール」の松元絵里花さんは「揺れるのでポージングがなかなか決まりませんでした」と話しますが、それがまた、楽しかったそうです。

最新水着のなかに1着だけ、50年前の水着が登場 京急のあることにちなんで

「京急マーメイドトレイン」の車内では、最新水着のなかで1着だけ、50年前の水着も披露されています。三浦海岸海水浴場の最寄り駅、三浦海岸駅は今年で開業50周年。それを記念したものです。同駅は1966(昭和41)年7月7日、津久井浜駅(神奈川県横須賀市)から延伸された久里浜線の終着駅として誕生しました。

 そのデザインは水玉のセパレート。車内放送では音楽が流され、モデルの登場にあわせて「(50年前の水着について)当時はワンピースとセパレートが水着の主流だった」といった説明も行われています。

 ちなみにこの「京急マーメイドトレイン」、運転士と車掌も女性の担当で運行されました。

恵 知仁(鉄道ライター)

最終更新:7/31(日) 14:13

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。