ここから本文です

バロテッリのWHY ALWAYS MEに続く強烈メッセージ? イカルディ夫人のTシャツが話題集める

theWORLD(ザ・ワールド) 7/31(日) 12:20配信

夫のことをもっと評価しろとの意味か

今夏の市場でインテルを引っ掻き回してきたFWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラ夫人が、またもや注目を集めている。現在イカルディにはゴンサロ・イグアインを失ったナポリが興味を示しており、インテルのエリック・トヒル会長は6000万ユーロ以上のオファーが届けば売却を考えることを示唆した。

そんな中、夫人は自身のTwitterでファッションモデルのようなポーズを取って撮影した写真をアップした。インテルのユニフォームが描かれた壁紙のようなものの前で撮られた写真に写る夫人のTシャツには、「MORE」の4文字が大きく刻まれていた。Tシャツのデザインは偶然のものかもしれないが、伊『Calciomercato』はインテルとナポリ双方へのメッセージではないかと伝えている。

夫人は今夏インテルに対して夫イカルディの価値をもっと正当に評価してほしいと訴えており、現在のサラリーに納得していないことを強調していた。また、ナポリもイカルディを獲得するなら6000万ユーロ以上を支払う必要があり、こちらももっとイカルディの価値を高く見積もらなければならない。

夫人のTシャツは、夫をもっと評価しろの意味を込めての「MORE」なのかと話題を集めており、夫人から発せられる強烈なメッセージにインテルは振り回され続けている。かつてはマンチェスター・シティでプレイしていたマリオ・バロテッリがゴールを決めた際に「WHY ALWAYS ME?」の文字が描かれたシャツを見せて話題を集めたが、夫人のTシャツが意図してのものなら負けず劣らずの強烈メッセージと言えそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/31(日) 12:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]