ここから本文です

BBCも揃うレアルの布陣は世界最強なのか ジダン「世界最高の陣容を誇っていると思う」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/31(日) 13:50配信

穴らしい穴は見当たらず

昨季チャンピオンズリーグを制したレアル・マドリードは、世界最高のタレント軍団なのだろうか。今夏はユヴェントスがゴンサロ・イグアインを獲得したり、バイエルンもレナト・サンチェスとマッツ・フンメルスを加えるなど欧州制覇を目指して積極的な動きを見せている。それに比べて今夏のレアルは静かだが、それでも指揮官ジネディーヌ・ジダンは世界最高の陣容を誇っていると自信を抱いている。

スペイン『Fichajes』によると、ジダンは移籍市場がまだ終了していないとしながらも、現在の陣容に満足していることをアピールした。

「私は我々が世界最高の陣容を誇っていると思う。だが、8月31日までは何でも起こり得るし、選手がクラブを去ることもできる。何も終わってはいないよ。私はチームに満足しているし、我々はよく働いている。ハードなシーズンになるだろうけど、良い準備をしないとね」

今夏にはユヴェントスMFポール・ポグバの獲得もあり得ると言われてきたが、実際にレアルの陣容を見るとポグバでさえスタメンを確保できるかは分からない。前線にはBBCが構え、中盤にはトニ・クロースとルカ・モドリッチが揃い、アンカーにはカゼミーロがいる。この3人の誰かを外すのは非常に難しい判断だ。

最終ラインにも世界トップレベルのセンターバックが3枚も揃っており、守備力も世界トップクラスだ。穴らしい穴は見当たらないが、今のレアルはジダンの言葉通り世界最高の陣容を誇るクラブなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/31(日) 13:50

theWORLD(ザ・ワールド)