ここから本文です

日ハム中田が4番の仕事 同点の6回に勝ち越しの適時二塁打!

Full-Count 7月31日(日)17時12分配信

波に乗り切れない4番が貴重な一打放つ

 日本ハムの中田翔内野手が31日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で4番の仕事を果たした。

 同点の6回1死二塁。1ボール2ストライクから、岩嵜の149キロ直球を真芯で捉えた。勢いよく伸びていく打球は左中間フェンスに直撃。二塁走者・西川が悠々と生還する勝ち越しの適時二塁打となった。

 試合前までソフトバンク戦は打率.154、2本塁打、10打点と今ひとつ。最近5試合も打率.190と波に乗り切れていなかった。4試合ぶりのマルチ安打&打点で勢いに乗りたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月31日(日)17時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報