ここから本文です

ヴェンゲルがまた奇策!? センターバックに188cmの18歳MFをコンバートか「我々の求めるタイプ」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月31日(日)18時20分配信

本来はMFの選手だが……

先日センターバックのペア・メルテザッカーが負傷したアーセナルは、センターバックの補強が急務となっている。指揮官アーセン・ヴェンゲルもメルテザッカーの穴を埋める必要があると語っていたが、ここにきて意外な解決法が浮上している。

それはMFを本職とする18歳のクリスティアン・ビエリクをセンターバックで起用する案だ。ビエリクは188cmとMFにしてはサイズが大きいが、トップチームでプレイした経験はほとんどない。

しかしヴェンゲルはビエリクについて「ビエリクはあらゆるクオリティを持っており、トップレベルのセンターバックになる素質がある。彼は本来MFで、センターバックでの経験が欠けている。しかし私は彼が我々の求めるタイプのセンターバックだと感じているんだ」とコメントしている。

以前もMFのフランシス・コクランをセンターバックに回す案が浮上していたが、アーセナルはメルテザッカーの穴埋めに苦戦している。センターバックはミスをすれば失点に直結するポジションで、経験に乏しい18歳にいきなり任せるのは不安が残る。しかもビエリクは本来MFの選手だ。

英『METRO』のアンケート調査ではこの案にサポーターの55%が反対しているが、ヴェンゲルは新シーズンにまさかのビエリク起用を試すのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月31日(日)18時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。