ここから本文です

日ハム2連勝で首位ホークスと3差! 球団記録更新の11カード連続勝ち越し

Full-Count 7月31日(日)18時16分配信

大谷の13号2ランで同点、中田が勝ち越し適時二塁打

 日本ハムは31日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で6-3で逆転勝ち。連勝で球団新を更新する11カード連続勝ち越しを決め、首位・ソフトバンクと3ゲーム差に縮めた。

 初回に先発の加藤が3失点。いきなり3点を追う厳しい展開だったが、たった5球で流れを呼び戻した。初回、先頭・岡が三塁線を破る二塁打で出塁。続く西川の右中間適時二塁打を放つと、無死二塁から大谷が2試合ぶり、自己最多を更新する13号2ランを左中間へ。一気に同点に追いついた。

 2回以降は両軍無得点。試合が動いたのは6回だ。先頭・西川の四球、二盗などで1死二塁。中田が左中間へ勝ち越し適時二塁打を放った。さらに、田中賢の中前安打などで2死一、三塁。5試合連続無安打で 7番に降格した陽岱鋼が右越え2点二塁打を放ち、ダメ押した。

 投げては大谷の先発登板回避で代役先発した新人・加藤が5回7安打3失点。3点リードを鍵谷、宮西、マーティンの継投で逃げ切った。

 6月19日までに最大11・5ゲーム差に広がったが、約1か月で8・5ゲーム差を縮めた。ホークスに3差以下に迫るのは2・5差だった4月23日以来だ。ホークスとの直接対決は10勝6敗1分け。大逆転Vも見えてくる逆転勝ちとなった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月31日(日)18時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]