ここから本文です

レアル戦で2ゴールのエースにチェルシー指揮官コンテもご満悦「ウィンガーとしての才能は間違いない」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月31日(日)21時30分配信

アザールは昨季の汚名を返上できるのか

30日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのレアル・マドリード戦で、コンディションの良さが伺えたチェルシーのエースであるアザール。彼の活躍に指揮官のアントニオ・コンテもご満悦のようだ。

前半で3失点を喫したものの、アザールの2ゴールで1点差まで詰め寄り、なんとか意地を見せたチェルシー。試合後に指揮官コンテがそのアザールについて触れた。クラブの公式サイトが伝えている。

「アザールは約30分間の出場となったけど、コンディションが良さそうだね。彼は前線でキーマンとなる選手だ。一人でも局面を打開できるからね。ウィンガーとしての才能も間違いないよ。彼のベストパフォーマンスまで、まだまだ改善の余地はあるけど、その道筋は見えている」

昨季不調だったチェルシーの象徴として、批判の的になってしまったアザールだが、新シーズンはその汚名を返上することができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月31日(日)22時17分

theWORLD(ザ・ワールド)