ここから本文です

コリジョン新基準適用後初リプレー検証、ロッテ伊東監督「ちょっと問題」

Full-Count 7/31(日) 23:40配信

今後も議論呼ぶ可能性も

 開幕から物議を醸してているコリジョンルールの新基準が7月22日から適用されて初めてのリプレー検証が31日のロッテ-楽天の初回に行われた。ロッテ伊東監督は「ちょっと問題だ。見るからにコリジョン。完全にベースの上にかぶさっているし、ブロックもしている。あれじゃ(ブロックの)やったもん勝ち。これからも同じことが起きる」と試合後に語った。

 初回1死二塁から角中の二塁内野安打に、二塁走者の岡田が本塁に突入したが、二塁藤田の好返球に刺された。判定はアウトだが、楽天嶋はブロックしているようにも見えたため、ビデオ検証に。結果、判定は覆らず「(返球から)仕方なく走路に入り、ブロックのような形になったので警告を与えた」と責任審判の森一塁塁審は説明した。

 しかし現場の指揮官としては「審判も(新基準を)理解していないのではないか」と今後に不安を募らせている。新基準の補足説明の4項に「衝突(コリジョン)がないプレーでも、捕手の立つ位置によって警告を与える場合がある」とし、当該試合で3個の警告で退場となっているが、1点を争う展開では、今後警告覚悟で捕手はブロックすれすれのプレーをする可能性もあり、またまた議論を呼びそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/31(日) 23:40

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革