ここから本文です

アーセナルを拒否したバーディ、クラブ愛を語り「大きな決断ではなかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/31(日) 23:00配信

マフレズにも「残ってほしい」

レスター残留を決断したイングランド代表FWジェイミー・バーディがクラブ愛を語っている。

今夏、移籍市場で最も動向に注目が集まった選手の一人であるバーディ。一時はアーセナル移籍が濃厚と伝えられたが、最終的には自らをスターとしてくれたチームへの残留を決断している。この決断について同選手はコメントし、米『ESPN』が伝えた。

「レスターこそ前に進むことができる唯一のクラブだと思った。だから僕もその一部になりたかったんだ。だから移籍について考えたとき、それは大きな決断ではなかったよ。とても簡単だったし、僕はここにいたいと思っていたからね」

続けて、移籍の噂が絶えないリヤド・マフレズについては「全員が彼に残ってほしいと思っているはずだよ。ただ僕らがどうこうできる問題じゃないし、リヤド次第だ」と残留を祈った。

すでにエンゴロ・カンテがチームを去ってしまったが、最小限の放出にとどめ、補強を続けているレスター。新シーズンもその戦いに注目したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/31(日) 23:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合