ここから本文です

王座懸け決勝 慶応-横浜 高校野球神奈川大会

カナロコ by 神奈川新聞 7月31日(日)7時0分配信

 高校野球の第98回全国選手権神奈川大会の準決勝2試合が30日、横浜市中区の横浜スタジアムで行われ、8年ぶりの夏の甲子園出場を目指す慶応と、3年ぶりの神奈川制覇を狙う横浜が決勝進出を決めた。慶応-横浜の決勝は31日午後1時、同スタジアムで行われる。

 投打に隙がなく、力の差を見せて勝ち上がってきた横浜が優位に立つ。ただ慶応も打線に勢いがあり、競り合いに持ち込めば勝機は見えてくる。春の準決勝では横浜が5-1で勝利している。

 横浜打線は大会記録を更新する12本塁打を放っており、破壊力がずば抜けている。主に4番を任される村田と6番公家がそれぞれ3本塁打、藤平も2本塁打している。準々決勝で16得点し、準決勝でも桐光学園の好投手中川を攻略。どの打順からでも長打が出て、得点につながっている。

 右腕藤平、左腕石川の両エースは順調だ。ここまでの投球回数も限定的で、藤平が16回で防御率1・69、石川が17回で防御率2・12。決勝でも2人の継投が濃厚だ。守りもここまで1失策で両エースをもり立てる。

 慶応は、2年生エース森田が、横浜の強力打線を相手にどこまで踏ん張れるかが勝利の鍵だ。右腕は5試合で26回1/3を投げて防御率3・08。東海大相模を8回2失点、桐蔭学園を六回途中4失点と抑えており、粘りの投球は得意とする。

 打線は6試合60得点。1番下山が打率3割9分1厘、2番矢澤が準々決勝で本塁打、準決勝で4打点と好調なのも好材料だ。主将の3番大串、3本塁打の正木、打率5割5分6厘の瀬戸西も勝負強い。ここまで25犠打、13盗塁の小技も絡めて得点し、投手陣をできるだけ援護したい。 

最終更新:7月31日(日)7時0分

カナロコ by 神奈川新聞