ここから本文です

ベッテル「予選になって再び低迷。クルマから速さを引き出せない」:フェラーリ ドイツ土曜

オートスポーツweb 7月31日(日)10時38分配信

 2016年F1ドイツGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは6位だった。

2016年第12戦ドイツGP キミ・ライコネン(フェラーリ)

 
■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=6位
 6位に満足はしていない。難しいセッションだった。現段階でのベストを尽くそうとしたが、すべてをうまくまとめることができなかった。
 
 どういうわけかパフォーマンスが少し低下したから、予選で何が起きたのか理解する必要がある。
 
 ラップにはそれなりに満足していたが、速さが十分ではなかった。あちこちで少しずつタイムを失っていた。このマシンから速さを引き出すことに少し苦労している。
 
 予選ではいいバランスが見いだせず、昨日や今朝ほどよくなかった。このマシンがもっと速く走れることは分かっているが、正しい状態に持っていくことができなかった。それは僕らの仕事なのに、うまくやれなかったんだ。
 
 明日は競争力を発揮できるはずだ。でも今回もまた少し後ろからのスタートになってしまい、ここはオーバーテイクが簡単ではないだけに、決勝は難しくなるだろう。隠さずに言うと、僕らはレースペースは速いから、面白いレースになるはずだ。
  
 前のグループ、後ろのグループを見れば、僕らが予選で期待していたほど競争力がなかったのは明らかだ。フォース・インディアより0.2秒速かったけど、通常ならもっとずっと速い。後ろとのギャップは本来はもっと大きいんだ。
 
 正しいセットアップを見つけるのに苦労し、予選までに見つけられなかった。少なくとも今日の午後のコンディションに関しては、ということだけど。
 
 昨日はいろいろなコーナー、いろいろなスピードにおいて、フロントエンドもリヤエンドもよくなくて、苦しんでいた。今朝はまずまずのレベルまでいったのに、午後にはうまくまとめられなかった。 
 
 タイヤのせいにはしたくない。タイヤに対する感触はいいからだ。このサーキットではタイヤをうまく機能させることには苦労していない。
 
 通常は日曜になれば競争力が向上するけれど、なぜ土曜にいるべき位置に届かないのか、その理由を理解する必要がある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月31日(日)10時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。