ここから本文です

マッサ「サインツはいい子だけど、規則は規則だから…」:ウイリアムズ ドイツ土曜

オートスポーツweb 7月31日(日)12時55分配信

 2016年F1ドイツGPの土曜予選で、ウイリアムズのフェリペ・マッサは10位、バルテリ・ボッタスは8位だった。マッサはQ2でカルロス・サインツJr.に走行を妨害され、サインツはこれにより3グリッド降格のペナルティを受けた。

ドイツGP 最新フォトコーナー

 
■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ 予選=10位
 今日の予選はかなり接戦だったね。特にフォース・インディアとの戦いは激しかった。常に0.1秒の戦いを繰り広げていたんだ。
 
 自分のラップにはとても満足していたが、ターン12でコーナーに深く入りすぎてしまい、ロスする結果になった。それがなければ余裕であと0.1秒はタイムを削ることができた。
 
 残念だったけど、明日チームと一緒にもっと激しく戦っていくつもりだ。
 
(サインツJr.に妨害された件について語り)彼がブロックしたのは明らかだ。ただ、わざとやったわけじゃない。彼はとてもいい子だと分かっている。でも規則は規則だ。(3グリッド降格になってしまったが)仕方ないじゃないか。
 
 彼は完全に僕のブレーキングラインを塞いでいて、ミラーを全く見ていなかった。チームがきちんと知らせなかったんだろう。
 
バルテリ・ボッタス 予選=8位
 僕らチームにとって、とても安定した予選セッションだった。予想していたとおり、かなりの接戦だったけれど、マシンバランスはよく、タイヤもこれまでよりうまく使うことができた。
 
 上位グループと比べると、少しグリップが足りない。でも今日はマシンの力をほぼ最大限に引き出すことができたと思う。

 Q3のランにおいて、最終セクターでトラフィックに遭い、100分の数秒ロスした。それがなければ7位だったはずだ。そのことを除けば、今日の予選には満足している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月31日(日)13時43分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]