ここから本文です

ペレス「ニコ&ウイリアムズ勢との楽しく激しい戦いに」:Fインディア ドイツ土曜

オートスポーツweb 7月31日(日)14時31分配信

 2016年F1ドイツGPの土曜予選で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは7位、セルジオ・ペレスは9位だった。ヒュルケンベルグは、チームがタイヤ返却においてミスを犯したため、Q1で不正なタイヤを使用したとみなされ、1グリッド降格が決まっている。

ドイツGP 最新フォトコーナー

 
■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=7位
 ホームレースで予選7番手になれて、かなり満足だよ。トップ3チーム以下ではベストの位置だし、チーム全体が素晴らしい仕事をしてくれた。自分たちのポテンシャルを、常に最大限に発揮することが僕らの目標で、今日はそれができたと思う。
 
 予選中、ほぼすべてのラップがうまくまとまっていて、Q3での最後のアタックも正確に決まった。
 
 明日はポイント獲得に向けて厳しい戦いが予想されるけれど、良いスタート位置に付けられたし、ここでは全セッションで強さを見せている。ロングランのペースにも競争力があるので、今週末は素晴らしい結果を出せるチャンスが大きい。
 
 明日は雨とも言われているけれど、正直に言えばレース中に雨が降っても僕は構わない。何が起きるか注目だ。
 
セルジオ・ペレス 予選=9位
 予選を通してニコと、2台のウイリアムズとの楽しく激しい戦いになり、最終的には4台がかなりの接戦状態になった。
 
 いくつかのチームはタイヤを2セット使っていたから、1セットのタイヤでQ1を突破することが重要だった。それによってQ2で少しアドバンテージを得ることができ、おかげでトップ10に入ることが可能になった。
 
 Q3最後のラップでは右回りのコーナーに少し悩まされた。多分、フロントウイングにデブリか何かを引っ掛けたんだと思う。そのせいでタイムを少しロスしたけれど、それについてはチームと一緒に分析する。
 
 接戦のなか、100分の数秒差で明暗が分かれることになった。明日は面白いことになるよ。僕らは予選で使ったスーパーソフトでスタートする。戦略を機能させ、ポイントを獲得するために、チームとともに仕事にあたる必要がある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月31日(日)14時31分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。