ここから本文です

ポール・マッカートニー、「英国で最も成功したアルバムを生んだ人物」に

クランクイン! 7月31日(日)7時0分配信

 イギリスのアルバムチャートが開始されてから60年を迎えた先週、ポール・マッカートニーが「英国で最も成功したアルバム作品群を生んだ人物」に輝いた。ポールは、「信じられない気分だよ」喜びを語ると共に、『プリーズ、プリーズ・ミー』が1位を獲得した時のことを振り返った。

【関連】「ザ・ビートルズ」フォトギャラリー


 今回発表されたこの偉業についてポールは、「実際にどう感じるかわかる?信じられない気分だよ。曲を書いて、その曲がどこまで成功するかなんてわからないからね」と率直な感想を述べると、『プリーズ、プリーズ・ミー』が1位になった時のことを振り返った。「僕らが初めて1位を獲得した最初のアルバムだったね。突然この賞を受賞して、素晴らしい気分だよ。僕にこの賞を与えてくれた人々に感謝します。大好きだよ。それに、アルバムを購入してくれたみんなもありがとう!愛してるよ!」と続けた。

 オフィシャル・チャーツ・カンパニーのマーティン・タルボット氏は、ポールが称えられたことについて「オフィシャル・チャーツが、ポール・マッカートニーの素晴らしい偉業をこの特別な賞で称えることができ心より光栄に思います。50年以上に渡ってポールはイギリスと世界の音楽シーンに君臨してきました。ですから、英国アルバムチャートの開始60周年記念で、彼の貢献を称えることができるのは、完全にふさわしいことだと感じます」と発表し、「ポール、おめでとうございます!まだまだ生み出されるナンバー1に輝くアルバムもここに称えて!」と祝辞を述べた。

 ビートルズ、ウィングス、リンダ・マッカートニーとの共作、ソロと音楽人生を通して合計20枚以上のアルバムをリリースしているポールは、イギリス史上最もチャートトップを飾った作品を生み出した人物となり、オフィシャル・チャート・レコード・ブレーカー(公式チャート記録更新)枠の特別賞を授与された。

最終更新:7月31日(日)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。