ここから本文です

『龍が如く6』発売日決定! 藤原竜也、小栗旬、真木よう子ら豪華俳優陣も出演

クランクイン! 7月31日(日)10時0分配信

 『龍が如く6 命の詩。』はシリーズ累計800万本を超えるヒットを記録した『龍が如く』正統ナンバリング最新作で、12月8日にPlayStation4専用ソフトウェアとして発売されることが決定した。今回、本作への出演がすでに告知されていたビートたけしのほか、藤原竜也、小栗旬、真木よう子、宮迫博之、大森南朋の出演が新たに発表された。

【関連】最新作『龍が如く6 命の詩。』フォトギャラリー


 本作の舞台となるのは東京・神室町、そして新たなドラマが動き出す広島・尾道仁涯町の二つの街。東日本最大の極道組織、東城会元四代目会長・桐生一馬と、豪華キャスト陣の演じるキャラクターたちが織りなす人間ドラマとなっている。

 桐生は、過去の因縁から数々の事件に巻き込まれ、2012 年に勃発した全国の極道組織を巻き込んだ一大抗争の後、過去を清算するために自ら服役の道を選ぶ。2016 年、出所した桐生は、家族同然の存在である澤村遥が失踪したことを知り、その謎を追うため広島・尾道仁涯町へと足を踏み入れる。

 今回、藤原竜也が演じる宇佐美勇太は、独立独歩の道を行く広島の極道組織・陽銘連合会の末端組織である広瀬一家の若衆。幼馴染に誘われるまま何となく極道の世界に足を踏み入れた。現在では、将来の夢も抱かず一家の面々と怠惰な毎日を過ごしている。

 小栗旬演じる染谷巧は、東城会直系染谷一家総長。東京・神室町の一角、亜細亜街の大火事を発端に勃発した、東城会と海外勢力との一大抗争に乗じて、東城会内での地位を急激に上げつつある極道。抗争による「暴力の復権」を歓迎しており、桐生に対しても不遜な態度を見せ、自身の野心を隠さない男。

 また、真木よう子演じる笠原清美は尾道仁涯町の小さなスナックのママを務める美女。宮迫博之演じる南雲剛は陽銘連合会系広瀬一家若頭。大森南朋演じる巌見恒雄は、広島の造船会社、巌見造船社長。世界有数の造船会社、巌見造船を仕切る実業家である。

 そして、ビートたけし演じる広瀬徹は、陽銘連合会系傘下広瀬一家総長。陽銘連合会の末端に組を構える、広島でも古参の極道。飄々として捉えどころがなく、一見すると気のいい初老の男性といった風采。しかし、彼の発する言葉には不思議な含蓄とユーモアがあり、周囲からの人望は厚い。

 PlayStation4専用に開発された新ゲームエンジンにより、ドラマシーンやバトル、アドベンチャーパートは、一度プレイしただけで分かるほど革新的な進化を遂げているという。

 『龍が如く6 命の詩。』は12月8日発売。価格は8190円(税別)。

最終更新:7月31日(日)10時0分

クランクイン!