ここから本文です

標高差600m、難コースに330人 いきいき富山トライアスロン

北日本新聞 7月31日(日)12時41分配信

 「いきいき富山トライアスロン」が31日、富山市の岩瀬浜-立山山麓間のコースで行われ、国内外の約330人が合計距離51・5キロ、標高差約600メートルの難コースに挑戦した。

 大会は再開を望む愛好者からの声を受け、昨年15年ぶりに復活した。個人のスタンダード部門に約290人、1チーム3人で競うリレー部門に13チームがエントリー。海外からの招待選手も参加した。

 レースは岩瀬浜で1・5キロ泳ぎ、常願寺川に沿った40キロのコースを自転車で南下。その後はゴール地点の立山山麓スキー場周辺を10キロ走った。

 大山農山村交流センターでは、選手たちが家族らの大きな声援を受けながら次々とゴールしていった。トライアスロンの県協会、市協会、北日本放送、北日本新聞社などでつくる実行委主催。

【スタンダード部門】
 ◇男子(1)張家豪(台湾)総合タイム2時間16分16秒(スイム21分41秒、バイク1時間17分21秒、ラン37分14秒)(2)土屋隆正(富山)2時間17分22秒(3)経澤耕達(栃木)2時間24分58秒(4)大村貴則(南砺)2時間25分22秒(5)平田将之(石川)2時間25分54秒(6)杉原史浩(富山)2時間27分20秒
 ◇女子(1)張婷婷(台湾)総合タイム2時間34分4秒(スイム25分8秒、バイク1時間23分53秒、ラン45分3秒)(2)トリーズ りえ子(東京)2時間48分16秒(3)宮崎集(富山)2時間53分9秒(4)田中すみれ(大阪)2時間55分46秒(5)新谷望恵(福井)2時間59分43秒(6)福田恵美子(富山)3時間5分49秒

【リレー部門】
 ◇男子・混成(1)北陸電力KTM(小高辰一、谷川雄太、宮崎忠勝)総合タイム2時間23分55秒(2)エイム カワウソ部(野小正樹、寺井賢一、島岡純平)2時間31分48秒(3)あさひ総合病院with Roman(小杉雅彦、竹田欣五、藤本寛之)2時間34分4秒
 ◇女子(1)エイムカワウソ部(奥由香里、高道七重、中野由紀)総合タイム2時間56分32秒
 ◇トライアスロン 県民体育大会(31日、岩瀬浜~立山山麓)
 ▽男子(1)土屋隆正(2)大村貴則(3)野田和成▽女子(1)宮崎集(2)福田恵美子(3)宮成静
 ◇トライアスロン 富山市民体育大会(31日、岩瀬浜~立山山麓)
 ▽男子(1)土屋隆正(2)野田和成▽女子(1)福田恵美子(2)宮成静

北日本新聞社

最終更新:8月1日(月)17時2分

北日本新聞