ここから本文です

イチロー、途中出場も2打数無安打 偉業まで残り2本も6打席連続足踏み

ベースボールキング 7/31(日) 11:19配信

○ マーリンズ 11 - 0 カージナルス ●
<現地時間7月30日 マーリンズ・パーク>

 メジャー3000安打へ残り2本としているマーリンズのイチローが30日(日本時間31日)、本拠地でのカージナルス戦に6回の守備から途中出場。大台到達へ向け2打席を消化したが、2打数無安打に終わった。

 イチローは8-0となった6回表から、スタントンに代わり「4番・右翼」のポジションに入った。直後の6回裏には一死二、三塁の好機でこの試合の初打席が巡ってきたが、カージナルスの3番手右腕・ウィリアムスの3球目を引っかけ、二塁手正面へのゴロに倒れた。

 11-0で迎えた8回は一死走者なしの場面で2度目の打席。再びウィリアムスとの対戦となり、フルカウントから8球目の沈むボールにバットを合わせたが、この飛球に伸びはなく左翼手のグラブに収まった。

 イチローは「3番・左翼」で先発出場した前日から6打席連続凡退で打率は.325。本拠地10連戦が次戦で終わるため、ホームでの偉業達成が難しくなった。

 それでもチームは、8回までに12安打で11得点を奪い大勝。連敗を2で止め、貯金を再び「8」とした。

BASEBALL KING

最終更新:7/31(日) 13:21

ベースボールキング