ここから本文です

パの上位対決第3Rは点の取り合い 大谷が同点弾、ハムが5球で3点差追いつく

ベースボールキング 7/31(日) 15:51配信

先発登板回避の大谷、さっそくバットで魅せる!

 1勝1敗で迎えた首位ソフトバンクと2位日本ハムの上位対決第3ラウンド。日本ハムは1回表、先発のドラフト2位左腕・加藤が3点を失ったが、その裏、3番大谷が13号2ランを放つなど、わずか5球で同点に追いついた。

 日本ハムは当初、この試合の先発投手に自身7連勝中の大谷を見込んでいたが、右手中指の皮がむけた影響で登板を回避。二刀流は過去2戦と同じく指名打者でスタメンに名を連ね、この試合は3番に入った。

 代わりに先発登板した加藤は初回、ソフトバンクの中軸に3連続適時打を許し3失点。それでもその裏、1番岡が3球目を叩き二塁打で出塁すると、続く2番西川は初球の直球を捉え右中間への適時二塁打。ソフトバンク先発・岩崎からわずか4球で1点を返し、さっそく反撃ムードを作った。

 なおも無死二塁の好機で、続く大谷も初球を強振。これが左中間スタンドへ着弾する13号2ランとなり、大谷は打った瞬間ガッツポーズを作った。

 このカードは過去2戦、いずれも投手戦の展開となったが、第3戦は初回から点の取り合い。現在の両チームのゲーム差は4で、ソフトバンクが勝利すれば5差、日本ハムが勝利すれば3差となる。

BASEBALL KING

最終更新:7/31(日) 15:54

ベースボールキング