ここから本文です

蒔絵とガラス融合、金沢漆器の作品展 商工業協同組合

北國新聞社 7/31(日) 2:40配信

 金沢漆器商工業協同組合の第39回金沢漆器作品展は、金沢市の香林坊大和で始まり、加賀蒔絵とガラスを融合させた新作など65点が並んだ。8月2日まで。

 「ガラス製品への加賀蒔絵」をテーマとする課題作品には、加賀蒔絵を施したワイングラスや皿、香水瓶などが出展された。審査では村田百川さんの「菊桐蒔絵薄器セット」が石川県知事賞に選ばれた。審査結果は次の通り。

 ▽県知事賞 村田百川▽金沢市長賞 横山一榮▽金沢商工会議所会頭賞 清瀬一光▽県伝統産業振興協議会会長賞 清瀬明人▽県デザインセンター理事長賞 高田光彦▽県物産協会会長賞 師池一貴▽金沢漆器商工業協同組合理事長賞 福田浩康▽金沢漆器技術奨励賞 横山一榮、黒田一喜、酒井忍

北國新聞社

最終更新:7/31(日) 2:40

北國新聞社