ここから本文です

北野画伯の世界に浸る アートたけし展、初の週末にぎわう

北國新聞社 7/31(日) 2:45配信

 日本を代表するコメディアン、映画監督のビートたけしさんの作品展「アートたけし展」(北國新聞社、同実行委主催)は初めての週末を迎えた30日、金沢21世紀美術館は大勢の家族連れやカップルらでにぎわった。来場者は「北野武画伯」の作品が醸し出す独特の雰囲気に浸った。

 アクリル画や版画、立体造形作品など119点が公開されている。福の神や動物を柔らかに描いた版画や、「ドジョウすくい」を踊る男性をユーモラスに表現したアクリル画などが注目を集めた。

 小松市第一小2年の重吉優楽(ゆら)さん(8)は「裏側から光を当てる版画の作品がきれいで印象に残った。私もたけしさんのように、多くの絵を描きたい」と話した。

 8月28日まで。入場料は大人1千円、中高生800円、小学生600円。

北國新聞社

最終更新:7/31(日) 2:45

北國新聞社