ここから本文です

手倉森監督、敗戦も選手の姿勢に満足「覚悟は獲得できた」…初戦を見据える

SOCCER KING 7月31日(日)7時13分配信

 国際親善試合が30日にゴイアニアのセーハ・ドウラーダ・スタジアムで行われ、リオデジャネイロ・オリンピック日本代表はリオデジャネイロ・オリンピックブラジル代表と対戦し、0ー2で敗れた。試合後、手倉森誠監督がコメントを残している。

 大会前最後の実戦の舞台となった同試合。優勝候補ブラジルとの親善試合を終えた手倉森監督は、「鍛えられましたね」と一言。さらに、「クオリティーの高いブラジルに対して、辛抱させられるようなゲームでした」と続け、厳しい強化試合になったと振り返った。

 それでも手倉森監督は、「辛抱する覚悟はこの90分で獲得できたのかなと思います」とコメント。選手の戦う姿勢に関しては満足している様子を示した。

 前半は押し込まれる展開が続き、2失点を献上した。同監督も、「(相手が)力を出しそうなポイントを察知して、前半をしのがなければいけないですよね」と振り返り、ブラジル戦の反省を本番に活かすとした。また、後半を無失点に抑えたことについては、「2点取られた分、向こう(ブラジル)が(手を)緩めてくれたのがありました」と分析した。

 日本代表は4日、リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節ナイジェリア代表戦を迎える。手倉森監督は、「ようやくここで、本大会に入っていけるくらいのコンディションは整った。あと4日で仕上げていきたいと思います」と初戦を見据えた。

SOCCER KING

最終更新:7月31日(日)11時23分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]