ここから本文です

ブラジルに敗北も「メインはこの試合ではない」…中村と興梠、初戦を見据える

SOCCER KING 7月31日(日)8時6分配信

 国際親善試合が30日にゴイアニアのセーハ・ドウラーダ・スタジアムで行われ、リオデジャネイロ・オリンピック日本代表はリオデジャネイロ・オリンピックブラジル代表と対戦。0ー2で敗れた。試合後、先発出場を果たしたGK中村航輔(柏レイソル)と、FW興梠慎三(浦和レッズ)がコメントを残している。

 強豪のブラジル相手の強化試合は、相手に圧倒される時間が続いた。前半に出場した中村は好セーブを見せながらも2失点を献上。「この結果、この内容を受け止めて修正しなければいけない」とプレーの更なる改善を誓った。

 後半途中までプレーした興梠は、苦しい試合展開の中にも「良かった点も何度かあった」と試合を振り返った。自身のプレーに関しては、「ワンタッチ、ツータッチでつなげる場面もありましたし、前で体をぶつけてキープすることもできました」とポストプレーなどに一定の評価を与えた。

 完封負けを喫したが、中村が「メインはこの試合ではない」と言えば、興梠も「別に今日の試合が大事じゃない」とコメント。あくまでもグループステージ第1節のナイジェリア代表戦が重要であると強調した。

 その大会初戦に向けて中村は、「期待にそうような結果をまずナイジェリア戦で出したいと思います」と意気込んだ。オーバーエイジとして参加する興梠も、「個人的にも負けたくない気持ちがある。チーム一丸となって戦いたいと思います」と抱負を口にした。

 日本代表は4日、リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第1節のナイジェリア代表戦を迎える。

SOCCER KING

最終更新:7月31日(日)11時22分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]