ここから本文です

トーレス、ガメイロとの競争を覚悟…試合に出場するのは「一人だけ」

SOCCER KING 7月31日(日)9時34分配信

 アトレティコ・マドリードに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、フランス人FWケヴィン・ガメイロの同クラブ加入前にコメントを残していた。30日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 アトレティコ・マドリードは30日、日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャからガメイロを獲得することで合意に至ったと発表。ストライカーの補強に成功した。

 同紙によると、ガメイロとポジション争いを演じるであろうトーレスが獲得合意の発表前にコメント。「一つの時間で、シャツを着られるのは一人のフォワードだけだ。クラブは、加入してチームを助けてくれるストライカーを探しているけどね」と語り、ガメイロを強く意識した発言を残した。

 さらにトーレスは、「新しい選手が来て、そのプレイヤーが、とても競争の激しいチームに割って入ろうと一生懸命になることを理解している」とガメイロの加入でよりアトレティコ・マドリード内のポジション争いが激化することを予想した。

 アトレティコ・マドリードは今夏、ガメイロの他にもアルゼンチン代表MFニコラス・ガイタンや、クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコらを新戦力に加えている。トーレスは彼らに対し、「新しい選手は時間をいくらか費やすが、僕らの考えをできるだけ早く理解しなければならない。このチームのみんなは、他の選手のプレーと役割を把握しているからね」とコメントし、早くチームへ順応することを求めた。

SOCCER KING

最終更新:7月31日(日)9時44分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。