ここから本文です

アーセナル、DFエヴァンス獲得に動く?…昨夏マンU退団し34試合出場

SOCCER KING 7月31日(日)18時30分配信

 アーセナルが、ウェスト・ブロムウィッチに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エヴァンスの獲得に興味を示している。30日付けのイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 ドイツ代表DFペア・メルテザッカーの長期離脱が決まり、センターバックの補強が急務となっているアーセナル。先日にはバレンシアに属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィの獲得に動いているとも報じられていたが、ここにきてエヴァンスへの関心が噂されている。

 アーセン・ヴェンゲル監督は同選手獲得のために1500万ポンド(約20億円)を用意。これは昨夏、ウェスト・ブロムがマンチェスター・Uに支払った800万ポンド(約11億円)を大きく上回る金額だ。

 エヴァンスは昨シーズン、プレミアリーグやFAカップなど公式戦34試合に出場するなど、チームの主力としてプレーした。ユーロ2016では北アイルランド代表の不動のスタメンとしてベスト16までの全4試合にフル出場している。

SOCCER KING

最終更新:7月31日(日)18時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。