ここから本文です

ブラジルとの差を痛感も…自信深めるFW興梠「自分の持ち味が出せたのはプラス」

ゲキサカ 7月31日(日)7時9分配信

[7.30 国際親善試合 日本0-2ブラジル ゴイアニア]

 リオデジャネイロ五輪日本代表は30日、ブラジル・ゴイアニアで五輪ブラジル代表と国際親善試合を行い、0-2で敗れた。ブラジルとのレベルの差を痛感したFW興梠慎三だが、多くの収穫があった試合だったと振り返っている。

 日本は完全アウェーのブラジル戦ということもあり、立ち上がりから防戦一方。前半は相手への寄せも甘く、シュートを浴びる場面が目立った。後半はブラジルのペースが落ちたこともあって日本も攻撃の形をつくれるようになったが、得点を奪うまでには至らず。相手のパスミスから後半9分に決定機を迎えたが、興梠のパスを受けたMF中島翔哉のシュートは飛び出したGKにセーブされた。

 試合後のインタビューで興梠は、「相手にほとんど主導権を握られながらの戦いでした。レベルの違いを感じさせられた」と振り返り、「たくさんの課題もあったが、良かった点も何度かあった。あとは相手のミスでチャンスがあったが、そこで決められるようにしていきたい」と収穫があったと話す。

「後半は特にスペースが空いてくる中で、ワンタッチ、ツータッチつなげる場面もあった。個人的には前で体をぶつけてボールをキープすることができた。こういう強い相手に自分の持ち味であるポストプレーができたのはプラスになった」

 五輪前最後の強化試合を終えた日本は8月4日にグループリーグ初戦を迎え、ナイジェリア代表と対戦する。「別に今日の試合が大事じゃない。大事なのは初戦のナイジェリア戦。個人的にも負けたくない気持ちがある。そこでこのような試合にならないように全力で戦いたい」。オーバーエイジ選手として、“託される側”となった興梠が前線で起点となって、日本をさらなる高みへと導く。

最終更新:7月31日(日)12時13分

ゲキサカ