ここから本文です

[総体女子]日ノ本5連覇ならず…選手権女王・藤枝順心と作陽が初優勝かけ激突:準決勝結果

ゲキサカ 7月31日(日)18時44分配信

 平成28年度全国高校総体「2016 情熱疾走 中国総体」の女子サッカー競技が31日、準決勝の2試合を行った。

 福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場では、総体5連覇狙う日ノ本学園高(兵庫)と昨年度の選手権女王・藤枝順心高(静岡)が対戦。名門校同士の対戦は1-1で迎えた後半アディショナルタイム3分、FW今田紗良が放ったヘディングシュートはポストに阻まれたが、跳ね返りをMF千葉玲海菜が押し込み、2-1。土壇場で勝ち越しゴールを奪った藤枝順心が全国大会連覇に王手をかけた。

 広島県立びんご運動公園陸上競技場では、作陽高(岡山)と十文字高(東京)が対戦。前半14分にMF松島育美が決めた1点を守り抜いた作陽が総体初の決勝進出を決めた。

 藤枝順心と作陽が共に初優勝を目指す決勝戦は8月2日にエディオンスタジアム広島で開催。キックオフは午前10時を予定している。

 以下、準決勝結果と決勝日程

【準決勝】
(7月31日)
[広島県立びんご運動公園陸上競技場]
作陽高 1-0 十文字高
[作]松島育美(14分)

[福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場]
日ノ本学園高 1-2 藤枝順心高
[日]宮本華乃(68分)
[藤]並木千夏(46分)、千葉玲海菜(70分+3)

【決勝】
(8月2日)
[エディオンスタジアム広島]
藤枝順心高(10:00)作陽高

最終更新:7月31日(日)18時44分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]