ここから本文です

[MOM1834]青森山田FW鳴海彰人(3年)_得点ランク単独首位!エースの真価示すパワーショット

ゲキサカ 7月31日(日)22時37分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[7.31 全国高校総体準々決勝 青森山田高 2-1 米子北高 広島広域公園第一球技場]

 試合を動かしたのは「エースの一撃」と言うほかない、見事なシュートだった。米子北高のペースで前半を終えた準々決勝の後半、何気ない場面から先制点は生まれた。相手にカットされかけてこぼれたボールをゴール前で拾った青森山田高FW鳴海彰人は、ボールをコントロールすると、右足を力強く振り抜いた。

「低く、速く打つことを意識した」という一撃は、弾丸のような勢いでゴール右へ一直線。相手GKの手を弾き飛ばしてネットに突き刺さった。米子北のエースFW伊藤龍生は「やられる感じはしていなかったのに、シュートがすごかった」とうなり、敵将である城市徳之総監督も「あれが、プリンスリーグ中国で戦っている私たちと、(1つ格上の)プレミアリーグで戦っている相手との違い。青森山田がプレミアでも上位にいるのは、点を取れるから。一瞬を逃さずに決めて来るところは、さすが」と脱帽だった。

 スポーツ万能の両親の下で生まれ育ち、小学生の頃からシュート力を自慢の武器としていたが、高校に入ってからは筋力トレーニングを行い、さらにパワーを上げて来た。鳴海は「もう少し弱かったら、GKに外へ弾かれてしまったと思う」と、努力の成果でもある一発の手ごたえを話した。

 青森山田の黒田剛監督が「身体能力やスピードは、群を抜いている」と評価するストライカーは、相手GKとDFの間に飛び込んでゴールを奪うプレーが得意だ。しかし、この日のようにDFとMFの間からでもパワーショットで相手を脅かすことができる。鳴海は「いろいろな武器があった方が、相手は抑えにくくなる」とニヤリ。持ち前のスピードやパワーの使い方を磨いて来た成果が実りつつある。

 また、この日はチームの2点目をアシストした。2年生だった昨季から先発で起用され、強い責任感の中で、一つひとつのプレーの質を上げて来た成果は、多面的に発揮されており、プレーの幅も確実に広がっている。鳴海は、今大会の通算得点を7に伸ばし、一気に5得点を挙げた1回戦以来、得点ランクの単独首位に立った。プレミアリーグでは9試合で2得点と思うようにゴールを奪えなかったが、初戦の5得点から勢いに乗っている。今大会は、得点を挙げながら、チームとしても全国4強入りと躍進。チーム、個人でのダブルタイトル獲得も見えて来た。11年ぶり2度目の優勝を目指す青森山田にとって、悲願成就のためにはエースストライカーの活躍が欠かせない。

(取材・文 平野貴也)

最終更新:7月31日(日)22時37分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]