ここから本文です

MACKA-CHIN、呂布カルマら参加のニュー・アルバム『MARIRIN CAFÉ BLUE』発表

CDジャーナル 8月1日(月)16時53分配信

MACKA-CHIN、呂布カルマら参加のニュー・アルバム『MARIRIN CAFÉ BLUE』発表

MACKA-CHIN、呂布カルマら参加のニュー・アルバム『MARIRIN CAFÉ BLUE』発表

 ヒップホップ・グループNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーで、その派生ユニットである東京弐拾伍時にも在籍、ラッパーからビートメイカー、プロデューサー、映像クリエイター、DJ……と、その多才ぶりもユニークなMACKA-CHIN(マッカチン)。自身がプロデューサーをつとめ、“気になる”アーティストに声を掛けたというニュー・アルバム『MARIRIN CAFÉ BLUE』を、「術ノ穴」レーベルのサポートのもと10月5日(水)にリリースします。

 アルバムには、先行シングルとして配信がスタートした「ODD RARE HALL」にてセッションを繰り広げている名古屋のラッパー呂布カルマをはじめ、D.D.SとMULBEのラップ・デュオN.E.N、3MC1DJのヒップホップ・グループTOKYO HEALTH CLUB、“おしゃべりガールズHIP-POPユニット”ことY.I.MのMC恋してる、さらにはGOCCI(LUNCH TIME SPEAX)、HAZY(RAP BRAINS)、JBM、MAD BRIDGE、M.O.B(GRIFFIN)と、MACKA-CHINならではの濃厚な顔ぶれが参加。10月には都内でリリース・パーティを開催予定です。

最終更新:8月1日(月)16時53分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。