ここから本文です

【速報】松山英樹は「67」で浮上 4打差5位で最終ラウンドへ/全米プロ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月1日(月)0時6分配信

ニュージャージー州のバルタスロールGCで開催されているメジャー今季最終戦「全米プロゴルフ選手権」は大会4日目の31日(日)、悪天候のため順延されていた第3ラウンドが再開された。前日に1ホールもプレーできなかった松山英樹は4アンダーの暫定10位から出て4バーディ、1ボギーの「67」(パー70)で回り、通算7アンダーにスコアを伸ばした。

メジャー3戦ぶりの決勝ラウンド!松山英樹のフォトギャラリー

松山は前半2番でバーディを先行。5番でボギーを叩いたが、9番(パー3)から2連続バーディ。最終18番(パー5)は3オン1パットで4つ目のバーディを決めた。

通算11アンダー首位のジミー・ウォーカーに4打差の5位タイで、最終ラウンドを迎える。

午前8時40分(日本時間午後9時40分)からは第3ラウンドと並行し、組替えを行わずに最終ラウンドが行われている。松山は午後2時40分(日本時間1日午前3時40分)に再び1番からティオフを迎える。

午前中に前日未消化の12ホールをプレーした谷原秀人は第3ラウンド「73」に終わり、通算イーブンパーの46位。午後1時47分(日本時間1日午前2時47分)から最終ラウンドを回る。池田勇太はこの日17ホールを回った第3ラウンド「73」で通算イーブンパーとなり、午後2時22分(同3時22分)にスタートする。

※1日午前0時1分配信の「【速報】松山英樹は第3ラウンド「67」で浮上 引き続き最終ラウンドへ/全米プロ」を差し替えました

最終更新:8月1日(月)1時48分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)