ここから本文です

混戦模様のハンデ重賞を制するのは/小倉記念の見どころ

netkeiba.com 8月1日(月)10時3分配信

 ハンデ重賞らしく、1番人気が10連敗中という小倉記念。今年も混戦模様のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■8/7(日) 小倉記念(3歳上・GIII・小倉芝2000m)

 ダコール(牡8、栗東・中竹和也厩舎)は前走の七夕賞で0.1秒差の2着。その前も新潟大賞典4着、小倉大賞典2着、日経新春杯4着と、毎回58キロを背負いながらも掲示板を外していない。ここもやはりハンデは重いだろうが、今回のメンバーなら勝ちきるところまで十分期待できそうだ。

 アングライフェン(牡4、栗東・安田隆行厩舎)は前走のマレーシアCを勝ってオープンに再昇格。これまで重賞では中日新聞杯12着、新潟大賞典10着と惨敗しているが、このメンバーなら見劣りはしない。下級条件ながら昨夏に連勝しているように小倉コースとの相性も良く、ここは好勝負が期待される。

 その他、近走不振もダービー2着の実績があるサトノラーゼン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)、昨年の本レース2着馬ベルーフ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)、鳴尾記念3着のプランスペスカ(牡6、栗東・松永昌博厩舎)、小倉では4戦3勝2着1回のウインリバティ(牝5、栗東・飯田雄三厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

最終更新:8月1日(月)10時6分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。