ここから本文です

佐々木蔵之介&関ジャニ・横山が凸凹コンビに!『破門』2017年1月公開決定

cinemacafe.net 8月1日(月)11時0分配信

佐々木蔵之介と「関ジャニ∞」横山裕をW主演に、大阪在住のベストセラー作家・黒川博行の直木賞受賞作「破門」を映画化する作品の正式タイトルが、『破門 ふたりのヤクビョーガミ』に決定。来年1月28日(土)に公開されることが明らかになった。

【画像】佐々木蔵之介&「破門」書影

弁は立つが、うだつの上がらない建設コンサルタントの二宮啓之(横山裕)。“サバキ”と呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていたが、強面ヤクザ・ニ蝶会の桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合ったのが運のつき。以来とんでもないトラブルに巻き込まれることに…!?

事の起こりはある日、小清水という映画プロデューサーが持ち込んだ映画企画。二蝶会の若頭・嶋田が出資をすることを決め、桑原が実務を担当することになる。しかし小清水は金を持ったまま失踪してしまう。映画製作の出資金を持ち逃げされた桑原と二宮は、資金回収のため、関西、そしてマカオを奔走するも、巨額の資金をめぐる争いはやがて組同士のトラブルにまで発展! 追いかける2人が、いつの間にか追われることに!?  進退窮まった2人は一世一代の大勝負に出るが…。

今回、黒川博行の「厄病神」シリーズ5作目で、直木賞受賞作でもある「破門」の映画化が、『毎日かあさん』『マエストロ!』の小林聖太郎がメガホンを取り実現。同シリーズは、’97年の第1作から第6作まで執筆されている、イケイケヤクザ・桑原と、ぐーたら貧乏コンサルタント・二宮という凸凹コンビの軽妙なやりとりが人気を集める大ヒット小説だ。

ともに関西出身の佐々木さん、横山さんが、大阪を舞台に関西弁の掛け合いと怒涛のアクション満載で贈る大追跡エンタテインメントとなる本作。今後も続報をお見逃しなく。

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日(土)より全国にて公開。

最終更新:8月1日(月)11時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。