ここから本文です

EC利用デバイスは50代の約8割がPC、20代の約5割がスマホ、世代による二極化が判明

ネットショップ担当者フォーラム 8/1(月) 9:06配信

リターゲティング広告配信などのCriteioは7月28日、「オンライン通販に関する実態調査」を発表した。

ネット通販の利用頻度を聞いたところ、最も多かったのは「1ヶ月に1回」で48.2%、次いで「2~3週間に1回」が22.3%、「1週間に1回」が17.5%、「毎日」が1.3%。

インスタグラムを1週間に1度以上利用するユーザーに限ると、「1ヶ月に1回」が45.2%、「2~3週間に1回」が14.5%、「1週間に1回」が25.8%、「毎日」が3.2%。インスタグラムユーザーはネット通販の利用頻度も高いとしている。

ショッピングの際に利用しているデバイスを聞いたところ、PCを利用するというユーザーは78.3%、スマートフォンを利用するユーザーは44.1%。

世代別では、20代はPCが68.7%、スマートフォンが52.3%。50代はPCが83.9%で、スマートフォンが36.9%。世代によって利用デバイスが二極化しつつある。

実店舗とネット通販で購入する商品のジャンルを比較すると、男女ともに実店舗は1位が「食品」、2位「日用品」、3位「洋服」。ネット通販の購入商品は、男性は1位が「家電製品」(17.3%)、2位「書籍」(16.6%)、3位「日用品」(11.1%)。女性は1位が「洋服」(16.2%)、2位「化粧品」(11.5%)、3位「書籍」(11.0%)。

実店舗で商品を比較検討した後にオンラインで購入した経験(ショールーミング)は、「たまにある」(53.3%)、「よくある」(29.2%)を合わせ、82.2%がショールーミングを経験。スマホでECサイトの確認がしやすくなったことで、ショールーミングが進んでいることがわかった。

「パソコン・スマートフォンで購入を決断できる商品金額は何円までか」という質問では、スマホでの限界購入金額の平均は4万5864円。PCは6万1095円となり、高い買い物はPCでという傾向にある。

調査はネット通販の利用歴がある20~59歳の日本人男女600人を対象に、2016年6月末に実施した。

最終更新:8/1(月) 9:06

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。