ここから本文です

【NFL】1日でホールドアウト終了、WRホプキンスがチームに合流

NFL JAPAN 8月1日(月)12時47分配信

 新契約を求めて現地7月30日にトレーニングキャンプをホールドアウトする姿勢を示したヒューストン・テキサンズのワイドレシーバー(WR)デアンドレ・ホプキンスが、早くもホールドアウトを終了した。

 これは31日、ホプキンスに近しい人物がNFLメディアのイアン・ラポポート氏に伝えたもの。ホプキンスは声明で心変わりしたと理由を明かしている。

「私もテキサンズが自分をテキサンズの一員として今後留めておくための契約交渉をしないという選択をしたことを残念に思う。契約に関して自分の意思を球団に伝えてある。そして私も2016年シーズン、最終目標を達成するためにチームに貢献することに集中している。よって、私はヒューストンで行われるスーパーボウルでプレイするためにヒューストン・テキサンズに戻る決断をした」

 ラポポート氏によるとホプキンスはこの声明を出した約1時間後にはチームに合流。また同氏は、チームはもしホプキンスがホールドアウトを止めるのであれば、新契約の交渉に応じる可能性を示したとしている。

 24歳のホプキンスはルーキー契約が残り2年で、今季の基本給は100万ドル(約1億円)となっている。

<ヒューストン・テキサンズ>

最終更新:8月1日(月)12時47分

NFL JAPAN

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。