ここから本文です

訪日中国人に商品を買ってもらいたい! 2大SNS 「Weibo」と「WeChat」活用のポイントとは?

Web担当者Forum 8/1(月) 7:06配信

“>>> 訪日する中国人に商品を買ってもらうには、どうすればいいですか?
<<<”

これは、最近お客さまからよく聞かれることです。2015年の訪日中国人は約500万人で前年の2倍強という伸びを見せ、記憶に新しい「爆買いバブル」が巻き起こりました。そして、2016年の訪日中国人はさらに1.3~1.4倍に増加すると推定されています(Find Japanによる試算)。

現在、「爆買い」の状況は少しずつ変わってきていますが、「訪日観光客数が増加している」ことと「事前にインターネットで調べたうえで訪日して、目的のものを買う」という行動は変わっておらず、今後もこれを踏まえたプロモーションが必須といえます。

「それならば」と中国語でWebサイトを作ったとしても、それだけでは中国のユーザーに情報を簡単には見てもらえません。それは、中国には特殊なネット事情があるからです。

日本企業が中国のユーザーに情報を届けたいなら、中国の2大SNS「Weibo」と「WeChat」の活用がカギになります。この記事では、中国のネット事情を説明したうえで、どうすれば訪日前の中国ユーザーに情報を届けられるのかを解説します。

1. 中国の特殊なインターネット事情
2. 中国の2大SNS「Weibo」「WeChat」
3. 消費者行動に合わせてどのサービスをどこで使うか決める
4. WeiboとWeChatのアカウント取得方法は?
5. 日本企業のプロモーション事例
6. 言葉の壁~翻訳はどうすればいい?

1. 中国の特殊なインターネット事情

厄介なことに、中国本土(以下中国)においては、世界で当たり前に使われているグーグル、FacebookやTwitterなどの主要なサービスには基本的にアクセスできません。

また、規制されていない一般的なWebサイトにおいても中国以外のサーバーを利用している場合は表示にかなり時間がかかります。

これは「金盾(きんじゅん)/グレートファイヤーウォール」と呼ばれる中国の検閲システムの影響によるもので、これにより他国サイトの有害な情報をシャットアウトしているのです。

1/8ページ

最終更新:8/1(月) 7:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。