ここから本文です

ダニエル・リカルド「表彰台に上れたら靴でシャンパンを飲もうと決めていた」

TopNews 8月1日(月)7時58分配信

レッドブルのダニエル・リカルドが、ホッケンハイムリンクで行われたF1ドイツGP決勝を振り返って次のようにコメントした。

●【スピードトラップ】レッドブル速さもあり、ホンダ勢は・・・/F1ドイツGP決勝レース

■ダニエル・リカルド「戦略がうまくはまった」
決勝/2位
「もちろん、今日の結果はすごくうれしいよ。メルセデスAMGの1台に勝てるのはうれしいものだけど、僕たち2台ともメルセデスAMGの1台の前に出られたし、しかもそれがポールシッターだったんだから本当にうれしいね」

「レース前半は僕は3番手に位置していた。ペースは問題なかったんだけれど、本当に勢いが出たのはレース後半だったと思う。そこで僕はさらにスピードを上げることができ、2番手の位置を確保することができた。それが今日自分たちにできる最大限のことだったし、また表彰台に上って夏休みを迎えることができるから満足しているよ。僕の戦略はすごくうまくいったね。スーパーソフトの感触はよかったし、最後にはそのタイヤでペースもよくなっていた」

「表彰台の上で、靴で飲んだのはオーストラリア式だよ。あれは“シューイ(shoey)”って言うんだ。僕は、もし今年レースに勝てたらあれをやるって言っていたんだけど、念のために、表彰台に上れたらやっておこうと思っていたのさ」

「ここ最近の数レースでは少しばかりいい週末を迎えられるようになっていたけど、夏休みの前にさらに勢いをつけることができたのはうれしいね。ああして表彰台の上に立つのは比べようもないほど最高の気分だよ」

最終更新:8月1日(月)13時15分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。