ここから本文です

豪州のトップ厩舎 GI年間15勝でシーズン最多勝記録を樹立

netkeiba.com 8月1日(月)11時33分配信

 7月30日(土曜日)にシドニーのローズヒル競馬場で行われた、オーストラリアのメトロポリタン地区における15/16年シーズン最後の開催日に、クリス・ウォーラー厩舎所属馬が3勝をマーク。ウォーラー厩舎の今季の勝ち星が169に到達し、3シーズン前に自らが作った167と1/2勝(豪州では同着を1/2勝とカウントする)を破り、シーズン最多勝記録を樹立した。

 ウォーラー師はニュージーランド出身。祖国で開業した後、今世紀に入ると豪州のシドニー地区に進出。08年にトリプルオナーでGIドンカスターHを制してGI初制覇を果たした頃からトップトレーナーの仲間入りを果たし、11/12年シーズンに初めてシドニー地区のリーディングを獲得すると、以降は今季までその座を手放していない。

 今季は、ウィンクスでGIコックスプレート、GIドンカスターマイルなど5つのGIを制したのを含めて、年間で15のGIを制覇。豪州を拠点とする調教師としては史上初めて年間収得賞金が3000万豪ドルの大台を突破するなど、内容的にも濃密なシーズンを送った。

 なお4月2日のGIドンカスターマイル制覇後、シーズンオフを過ごしている看板馬のウィンクスは、7月29日にランドウィックでバリアトライアル(芝850m)に参加。結果は10頭立ての4着だったが、今季初戦に予定されている8月20日のGIIワーウィックSへ向けて、順調な仕上がりを披露している。

(文:合田直弘)

最終更新:8月1日(月)11時33分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。