ここから本文です

【香港】6月旅行者数は1.7%減、減少幅5P縮小

NNA 8月1日(月)8時30分配信

 香港政府観光局(HKTB)は7月29日、6月に香港を訪れた旅行者数が前年同月比1.7%減の428万5,730人(延べ人数、以下同じ)だったと発表した。13カ月連続の前年同月割れとなったが、減少幅は前月(6.4%減)から4.7ポイント縮小した。中国本土以外からの旅行者が5%増となり、下げ幅の圧縮に貢献した。
 
 全体の74.8%を占める中国本土からの旅行者は3.8%減の320万6,043人。日本からは6.5%減の7万4,366人となった。一方、国・地域別で本土に次いで多い台湾は5%増の17万6,169人、3位の韓国は52.3%増の10万5,083人となり、大きく伸びた。4位の米国は3.7%増の10万1,179人。2桁増は韓国のほか、フィリピン(24.4%増)、タイ(20.7%増)、インドネシア(15.4%増)だった。
 宿泊旅行者は4.1%増の201万3,903人。全体の64.5%を占める本土からの宿泊旅行者は1.4%増の129万9,276人にとどまったが、本土以外の地域からは9.4%増えた。
 日帰り旅行者は6.4%減の227万1,827人となった。全体の83.9%に上る本土からが7.1%減の190万6,767人に落ち込んだ。本土以外の地域からも2.5%減った。
 1~6月の旅行者数は、前年同期比7.4%減の2,716万274人。減少幅は1~5月(8.4%減)から1ポイント縮小した。全体の75.2%を占める本土からは10.6%減の2,041万5,710人。日本からは2.8%増の49万9,502人となった。本土以外の旅行者は4.1%増で、プラス成長を維持している。
 1~6月の宿泊旅行者は2.1%減の1,242万7,158人、日帰り旅行者は11.4%減の1,473万3,116人だった。
 
 ■ホテル値下げ奏功
 
 香港へのインバウンド旅行を手掛ける旅行業界団体の香港入境団体旅行社協会の謝淦廷(リッキー・ツェ)会長は香港文匯報に対し、「3つ星や4つ星ホテルの宿泊料が3割ほど値下がっており、多くの宿泊客を引きつけた」と分析。シンガポールやタイ、マレーシアなどの学生が夏休みの旅行シーズンに入ったほか、通貨高などの影響で競合の日本や韓国の競争力が弱まっていることから、旅行者が香港に流れていると説明した。
 
 ■本土団体は5割減
 
 一方、6月の本土からの団体旅行は大きく減少した。
 香港の旅行業界団体、香港旅遊業議会(TIC)によると、6月にTICに登録した本土からの団体旅行の数は前年同月比47.6%減の4,577団体だった。1~6月は前年同期比54.6%減の2万7,959団体。
 香港入境団体旅行社協会の謝会長は「ホテルが競争力のある宿泊料を打ち出しても、8月の旅行者数は楽観できない」と指摘。ホテルが通常の宿泊価格に戻しにくい状況がある上に、6月に開園した上海ディズニーランドによって多くの本土客が上海に流れている現状がある。
 謝会長は「香港政府は香港観光のPRの手を緩めるべきではない」と強調した。

最終更新:8月1日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。