ここから本文です

椎名林檎、カヒミ・カリィも参加したサラヴァ・レーベル50周年記念アルバムが9月にリリース

CDジャーナル 8月1日(月)16時53分配信

 1966年の設立以来、ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』、ピエール・バルーの『サ・ヴァ、サ・ヴィアン』など、数々の名作を生み出してきたサラヴァ・レーベルの50周年を記念して、フランス、日本、カナダのアーティストがサラヴァの名曲をカヴァー。アルバム『サラヴァの50年』(RPOP-10020 2,400円 + 税)が9月28日(水)に発売されます。

 椎名林檎が、1968年のグルノーブル冬季五輪の記録映画のテーマとして書き下ろされた「白い恋人たち」を、4年後に迫る東京五輪に思いを馳せてカヴァーしたほか、カヒミ・カリィはブリジット・フォンテーヌ&ジャック・イジュランの「お前に生ませた子供」、ピエール・バルーの娘であるマイア・バルーはブリジット・フォンテーヌの「やに」をそれぞれカヴァーしました。

 フランス、カナダから参加しているのは、人気俳優でもあるシンガー・ソングライターのベルトラン・ベラン、ヴァネッサ・パラディやファイストらとのコラボレーションでも名高いアルバン・デ・ラ・シモーネ(このアルバムではカヒミ・カリィとデュエット)、モントリオール出身の俳優&シンガーであるフランソワ・モレル、セルジュ・ゲンスブール似の声質で人気の高いバスチアン・ラルマン、フレンチ・ポップス好きには定番のジャンヌ・シェラルら。現代のフレンチ・オール・スターズ的アーティストが参加したアルバムとなっています。

最終更新:8月1日(月)16時53分

CDジャーナル