ここから本文です

蘇立法院長、日台関係促進に期待=就任後初訪日/台湾

中央社フォーカス台湾 8/1(月) 14:32配信

(台北 1日 中央社)蘇嘉全・立法院長(国会議長)は1日午前、与野党の立法委員(国会議員)22人を率い、就任後初となる日本訪問に出発した。蘇院長は出発前に台北松山空港で取材に応じ、先日の参議院選挙で再当選を果たした議員を祝福すると同時に、日台間の関係促進や問題解決に向けて双方の距離を縮めるのが今回の訪問の最大のねらいだと語った。

漁業問題について話し合うか取材陣から尋ねられると、蘇院長は、交渉を担当するのは行政部門であり、国会ではないとした上で、国会交流の立場からできるだけ双方の意見を交換し、それを台湾に持ち帰って議会で検討したいと述べた。

日本滞在は4日間の予定。自民党や民進党の議員と面会するほか、「日本・台湾経済文化交流を促進する若手議員の会」を訪問し、安倍晋三首相の実弟で、会長の岸信夫衆院議員と交流する。また、東京国立博物館や東京スカイツリーにも足を運び、文化資産保護や修復、耐震施設について理解を深める。訪問には蔡其昌・立法院副院長や与野党団の総召(院内総務に相当)3人なども同行する。

(王承中、蘇龍麒/編集:名切千絵)

最終更新:8/1(月) 14:32

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]