ここから本文です

【シンガポール】製造業景況感、7~12月期はやや悪化

NNA 8月1日(月)8時30分配信

 
 シンガポール経済開発庁(EDB)が7月29日発表した7~12月期の製造業の景況感調査で、業況判断指数(DI)はマイナス1となり、前回調査(4月発表)のプラス1からやや悪化した。石油業界で先行きを悲観視する企業が増えた。
 DIは、前四半期と比べて業況の改善を予想する企業の割合から悪化を予想する企業の割合を引いた値。今回の調査は6~7月に製造業432社を対象に実施した。回答率は95%。
 7~12月期の景気が4~6月期と比べて「改善する」と回答した企業は11%、「悪化する」は12%、「変わらない」は77%だった。
 主要6業種中、最も先行きを悲観しているのは化学で、DIはマイナス19。特に石油がマイナス64と、前回のマイナス39から大きく悪化した。石油精製事業の利益率低下に対する懸念が強まっていることが背景にある。
 輸送エンジニアリングはマイナス11で、前回のマイナス28からは改善した。ただ、引き続き原油安の影響によるオフショア掘削事業の低迷の見通しが影を落としている。
 一般製造業はマイナス8。食品・飲料・たばこは前回のプラスマイナス0からプラス15に改善したものの、印刷と「その他の工業」が不振だった。印刷は商業印刷の受注減、「その他の工業」は建材需要の減退の見通しが重しとなった。
 一方、主要6業種中、最も先行きを楽観視しているのは精密エンジニアリングで、プラス10。ただ前回のプラス27からは悪化した。半導体機器の受注拡大の見通しから、機械・システムがプラス25だった。
 電子は、季節的に半導体やパソコン周辺機器などの需要が拡大すると予想され、プラス6。ただ、前回のプラス9からはやや悪化した。
 7~9月期の生産量のDIは、全体でマイナス9。前回のプラス3から悪化した。輸送エンジニアリング(マイナス36)やバイオ医学(マイナス34)で悲観視する企業が多かった。
 同期の雇用DIは全体でマイナス12と、前回から横ばい。石油がマイナス54で最も悪かった。

最終更新:8月1日(月)8時30分

NNA