ここから本文です

火災発生の高麗航空機、事故から1週間で海外路線に復帰=VOA報道

WoW!Korea 8月1日(月)9時45分配信

北朝鮮・高麗航空は、機内火災で中国・瀋陽桃仙国際空港に緊急着陸していた旅客機を事故発生から1週間で海外路線に再投入させたことがわかった。米国の声(VOA)が去る7月30日、報道した。

 航空機のリアルタイム位置情報を表示する「フライトレーダー24」によると、火災事故を起こした高麗航空機(Tu-204)が、北朝鮮時間で去る7月29日午前8時30分ごろ、平壌にある順安空港を離陸。約2時間後、北京首都国際空港に着陸した。以降、現地時間で午後2時30分ごろ、平壌に向けて出発したことがわかった。

 これを前に、同旅客機は去る7月22日の火災発生後、25日に北朝鮮内でテスト飛行する様子が確認されていたが、事故後に海外の空港で確認されたのは、今回がはじめて。この火災事故により、毎週月曜日と金曜日にフライトスケジュールが組まれているウラジオストク行き定期路線とクウェートシティー路線などは、キャンセルされていた。

最終更新:8月1日(月)9時45分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。