ここから本文です

女子学生が“ひとりぼっちのLINEグループ”を作る理由

ITmedia Mobile 8月1日(月)6時10分配信

 今やLINEは手頃な連絡手段として幅広い世代に利用されている。複数人で連絡を取るグループ機能も便利だが、若者の中には自分だけが所属する“ひとりぼっちのLINEグループ”を作る人がいる。一体どんな意図で利用しているのだろうか。

【画像:実際の若者LINE】

●「メモ代わりにLINEを使う」

 iPhoneユーザーの専門学生・齊藤成美さん(19歳)は、「LINEグループはみんなで写真を共有したいときに使うことが多いです。みんなでどこかに遊びに行ったり、イベントがあったりしたときとか」と話す。

 しかし、同時に自分だけのLINEグループも活用しているのだという。「自分しかいないLINEグループはメモ代わりに使ってます。やることをメモしたり、長文を送る前に確認したり、アルバムで写真を整理したりします」というように、iPhoneのメモアプリ、カメラロール、Gmailの下書きなどの機能をLINEで全てこなしてしまっているのだ。

 LINEとTwitterは毎日必ず利用するそうで、複数のアプリを使うのは面倒なのであまり好きではないとのこと。確かに、いちいちToDoアプリでタスク管理をするよりLINEでサッとメモを取ってしまう方がスマートなのかもしれない。

最終更新:8月1日(月)6時10分

ITmedia Mobile