ここから本文です

松山英樹、V届かずもメジャー自己最高4位タイ J・ウォーカーが優勝

ゴルフ情報ALBA.Net 8月1日(月)8時26分配信

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇31日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>

爆発はここから始まった!2日目には圧巻イーグル

 ニュージャージー州にあるバルタスロールGCで開催された、海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」は最終日に前日から持ち越した第3ラウンドと最終ラウンドを行い、トータル14アンダーでジミー・ウォーカー(米国)がメジャー初制覇を達成した。1日36ホールの長丁場を戦った日本の松山英樹は、最終ラウンド“68”で2つ伸ばしトータル9アンダーでフィニッシュ。自身のメジャー最高位を更新する4位タイフィニッシュもメジャー制覇は来季以降に持ち越しとなった。

 日本勢は谷原秀人、最終ホールをイーグルで締めたリオ五輪日本代表の池田勇太が共に最終ラウンド“67”でスコアを3つ伸ばしトータル3アンダーの33位タイ。ウォーカーに続く2位には連覇を狙ったジェイソン・デイ(オーストラリア)。最終ホールイーグルで詰め寄るも一歩及ばなかった。トータル10アンダーの3位にダニエル・サマーヘイズ(米国)。松山と並ぶ4位タイにはブルックス・ケプカ(米国)、ブランデン・グレース(南アフリカ)が入っている。

【最終結果】
優勝:ジミー・ウォーカー(-14)
2位:ジェイソン・デイ(-13)
3位:ダニエル・サマーヘイズ(-10)
4位T:松山英樹(-9)
4位T:ブランデン・グレース(-9)
4位T:ブルックス・ケプカ(-9)

33位T:谷原秀人(-3)
33位T:池田勇太(-3)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月1日(月)13時4分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]