ここから本文です

セブパシフィック航空、A330を2機発注

Aviation Wire 8月1日(月)17時46分配信

 エアバスは、フィリピンのセブパシフィック航空(CEB/5J)からA330-300型機を2機確定受注した。現地時間7月29日に発表した。

 セブパシフィック航空のA330-300は436席で、現在6機を保有。豪州や中東など、長距離路線に投入している。日本にはマニラとセブから計5路線を乗り入れている。通常は180席のA320を投入しているが、2015年夏の繁忙期は、利用者が最も多いマニラ-成田線をA330-300で運航していた。

 同社はエアバス機49機を含む57機を保有している。内訳はA330-300が6機、A319(156席)が7機、A320(180席)が36機、ATR72-500(76席)が8機で、このうちA319は、4機を米LCCのアレジアント航空(AAY/G4)に売却する。

 A330-300のほか、A321neoを30機発注済み。2017年中ごろから2021年に受領を予定しており、中距離路線に投入する。

Yusuke KOHASE

最終更新:8月1日(月)17時46分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]