ここから本文です

リクルートの「赤すぐnet」、中国向け越境ECに参入。ECアプリ「ワンドウ」に出店

ネットショップ担当者フォーラム 8/1(月) 12:06配信

リクルートマーケティングパートナーズが運営するマタニティやベビー用品などの通販サービス「赤すぐnet」は、中国向け越境ECに参入する。

中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform(ワンダフルプラットフォーム)」を運営するInagora(インアゴーラ)と出店契約を締結。8月1日から、中国人向けのライフスタイル提案型ショッピングアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」で商品販売を始めた。

「ワンドウ」は2015年8月のリリース以降、ユーザー数は100万、1日の最高注文数は5000件を突破した。取扱商品数は3000SKU超。ファッションや美容化粧品、日用品、食品などを取りそろえている。

運営は中国向けの越境ECプラットフォーム「ワンダフルプラットフォーム」を活用する。インアゴーラの運営チームが、翻訳、物流、決済、マーケティング、顧客対応などの作業を代行。リクルートマーケティングパートナーズは商品とその情報を提供するモデルで、中国マーケットに進出する。

中国では一人っ子政策が廃止され、“第二子ブーム”の到来が期待されている。リクルートマーケティングパートナーズとインアゴーラは、「赤すぐnet」の商品販売を通じて、中国のユーザーに良質なライフスタイルを提案していくとしている。

最終更新:8/1(月) 12:06

ネットショップ担当者フォーラム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。