ここから本文です

【速報】松山英樹、メジャー初V逃す 通算9アンダーで終了/全米プロ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月1日(月)7時28分配信

ニュージャージー州のバルタスロールGCで開催された今季の海外メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終ラウンド、首位と4打差の通算7アンダー5位から出た松山英樹は2バーディ、ノーボギーの「68」(パー70)でプレーし、通算9アンダーで4日間の戦いを終えた。

【画像】2日目までは無精ひげで戦っていた松山英樹

ホールアウト時点では、4位。ダニエル・サマーヘイズが通算10アンダーで終えており、松山はメジャー初優勝を逃した。優勝争いは、ともに14ホールを終えて通算13アンダーまで伸ばしたジミー・ウォーカーと、通算11アンダーのジェイソン・デイに事実上絞られた。

松山はこの日、悪天候の前日から持ち越された第3ラウンドで3ストローク伸ばした。午後2時40分にティオフした最終ラウンドでは、前半にパーを並べた。

後半に入ると、11番で約7mのフックラインをねじ込み、初めてのバーディを奪った。12番(パー3)では2m強、14番では2.5mのチャンスを決め切れず、もどかしい展開が続いた。17番(パー5)でも1m強のバーディパットを外し、グリーン上で苦しんだ。最終18番でバーディを奪い、1日36ホールの激闘を締めくくった。

松山はホールアウト後、TBSのインタビューで「来年のメジャーに向けてしっかり練習したい」と話した。

谷原秀人は3バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし、通算3アンダー。池田勇太も1イーグル2バーディ、1ボギーの「67」とし、通算3アンダーで終えた。

最終更新:8月1日(月)12時35分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。