ここから本文です

【インドネシア】マンダム現法、1~6月は85%減益

NNA 8月1日(月)8時30分配信

 日系化粧品大手マンダム・インドネシアの2016年1~6月期決算は、前年同期比85%の減益だった。売上高はわずかながら増え、売上原価も縮小したものの、為替差損などが響いた。
 売上高は1%増の1兆2,524億ルピア(約99億円)だった。国内向けが11%増の9,632億ルピアに伸長した一方で、海外向けは21%減の3,023億ルピアに落ち込んだ。女性用商品の販売額が5,911億ルピアと6%減少した一方、男性用商品は11%増の6,432億ルピアに伸びた。
 売上原価は4%減の7,504億ルピア。粗利益率は前年同期から3ポイント上昇の40%となった。営業利益は11%増の3,940億ルピアを確保したものの、為替差損が前年の黒字から27億2,070万ルピアの赤字に転落した。

最終更新:8月1日(月)8時30分

NNA