ここから本文です

松山英樹は自己ベストの4位 ジミー・ウォーカーがメジャー初制覇

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月1日(月)8時32分配信

◇海外メジャー◇全米プロゴルフ選手権 最終日◇バルタスロールGC(ニュージャージー州)◇7428yd(パー70)

撮れたて直送!「全米プロ」フォトギャラリー

最終ラウンドを単独首位から出たジミー・ウォーカーが3バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし通算14アンダーとして、メジャー初勝利を遂げた。ツアー通算6勝目。

世界ランキング1位のジェイソン・デイが1イーグル3バーディ、2ボギーの「67」として通算13アンダーで、2位に入った。最終18番でイーグルを決めたが、1打及ばなかった。3位に通算10アンダーのダニエル・サマーヘイズ。

通算7アンダーの5位で最終ラウンドをスタートした松山英樹は、2バーディ、ノーボギーの「68」。通算9アンダーとして、4位タイ。2015年「マスターズ」の5位を上回り、メジャーでの自己最高位となった。ブランデン・グレース(南アフリカ)とブルックス・ケプカが並んだ。

46位から出た池田勇太は1イーグル2バーディ、1ボギーの「67」。通算3アンダーの33位で終えた。最終18番で8mを沈めてイーグルを奪取し、8月の「リオデジャネイロ五輪」に向けて弾みをつけた。

同じく46位スタートの谷原秀人も3バーディ、ノーボギーで「67」とし、33位でフィニッシュした。

最終更新:8月1日(月)10時58分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)