ここから本文です

<白石まるみ>全身タイツ&赤Tバック披露 母娘参戦のキングオブコント1回戦で

まんたんウェブ 8月1日(月)14時3分配信

 1980年代にアイドルとして活躍したタレントの白石まるみさん(53)が1日、娘でタレントの守永真彩さん(24)との親子コンビ「WM(ダブルエム)」として、コント日本一を決める「キングオブコント2016」(TBS系)の予選1回戦に挑んだ。銀の全身タイツに赤のTバック姿で守永さんとコントを披露した白石さんは、「女を捨ててみました」と笑顔で、「1回で終わらせるのはもたったいないので、とりあえずこの格好で営業しようかな」と自信を深めていた。

【写真特集】白石まるみのバックショット 娘・真彩はセクシーポーズ!

 白石さんは銀の全身タイツを初めて着たといい、「意外と着心地が良くていいんですけど、めっちゃ熱いんですよ!」と力説。私物という赤のTバックについては「これをはいているだけで安心感がある。何もしないよりはこれ1枚はいているだけで、堂々と歩ける」と愛着を見せ、「勝負下着です」とアピールしていた。

 この日、披露したコントは2人で考えた約2分間のもので、白石さんは「すごい緊張。2分間がこんなにも長いものなのかって初めて感じました。でもすごく楽しかったです。せりふ間違えちゃったり、いろいろと気持ちがあせっちゃったりしたんですけど、私としては最高のパフォーマンスができました」と満足そうで、守永さんも「またやりたい」と笑顔を見せていた。合否は本日午後9時頃に発表される。

 「キングオブコント」は、プロアマ問わずコント日本一を競うお笑いコンテストで、2008年から毎年行われ、今年で9回目を迎える。2014年には、1970年代にアイドルとして人気を博した林寛子さん(56)と大場久美子さん(56)がコンビ「○1○2(マルイチマルニ)」として挑戦し、初戦を突破したことも話題を呼んだ。

 1回戦は東京のほか、大阪、福岡、札幌、名古屋でも開催され、ネタ披露は1回戦のみ2分間、ほかは4分間となっている。以降、2回戦、準決勝、決勝が行われ、決勝の模様は今秋TBS系で生放送される予定。

最終更新:8月1日(月)15時46分

まんたんウェブ