ここから本文です

北朝鮮、故金日成・正日父子の銅像を相次いで建設=RFA

WoW!Korea 8月1日(月)9時57分配信

北朝鮮・開城市(ケソンシ)のど真ん中で、故金日成・正日父子の銅像建設が急ピッチで進行していることがわかった。米国自由アジア放送(RFA)が去る7月30日(現地時間)、報道した。

 米国ジョンズ・ホプキンス大学傘下の韓米研究所・カーティス・メルビン研究員は、衛星写真を分析した結果、「すでに既存の故金日成主席の銅像を下ろし、地面の工事と照明作業を進めている」としながら、「これは、故金日成・正日父子の銅像を建てるためだ」と説明した。

 この衛星写真は、工事が進行中の日に撮影され、多くの作業員が工事現場に集まっていることが確認されたとRFAは伝えている。

 一方、金正恩(キム・ジョンウン)政権の発足後、すでに全国に250体の故金日成・正日父子の記念塔、40体ちかい金正日総書記の銅像が新たに誕生した。

最終更新:8月1日(月)9時57分

WoW!Korea

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。